取扱店

 

 

2017年9月現在、

作品を常設でお取り扱いいただいているお店です。

 

 

「ならの実」→

奈良県奈良市福院町13

 

 

「vieill ~Bakerycafe&Gallery~」→

東京都練馬区旭丘1-56-2

 

 

「うつわ&カフェ かくしち」→

東京都東久留米市中央町2丁目1-34

 

 

「ポーラ美術館 ミュージアムショップ」→

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

 

 

「sajiya studio」→

岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3012

 

 

「もりのこと」→

東京都杉並区西荻北4-9-3

 

 

「sinilintu」→

静岡県富士市吉原2-13-5

 

 

取扱店 comments(0) -
sinilintu

 

 

春の企画展でお世話になった静岡県富士市のsinilintuさんで

常設でのお取り扱いがはじまりました。

 

アクセサリーをメインにランプも少しお取り扱いいただきます。

 

お近くにお住まいの方はどうぞ足をお運びください。

 

 

sinilintu(シニリントゥ)→

静岡県富士市吉原2-13-5

 

 

取扱店 comments(0) -
もりのこと

 

 

 

気付けば2月。

今年初のブログはお知らせです。

 

facebook・instagramではお伝えしているのですが、

このたび新たにお取り扱いいただくお店が増えました。

 

昨年11月に西荻窪にオープンした「もりのこと」さん。

 

このお店は木工作家のサノアイさんが開いたお店です。

 

 

サノさんとは、今思えば不思議なご縁。

 

3年半前に一度お会いしたきりでしたが、

当時サノさんとお話させてもらったことがきっかけで

iichi浅草店で特別販売していただけることになった・・・

という経緯があるのです。

 

残念ながらiichi浅草店はもうありませんけれど、

後にサノさんが自分の店を開いて

私に作品の依頼をしてくださるとは思ってもいませんでした。

 

 

 

 

少し余談ですが、お仕事を依頼された時に

お受けすることもあればお断りすることもあります。

 

受けるべきか断るべきか悩むことも多いですし、

あれこれ考えちゃうことも多いのですけど、

できることなら頭で考えて答えを出さない方がいい気がしています。

 

「いい悪い」「できるできない」「損得」云々・・

ということは考えないで、

直観的に受けた方がいいと感じたら

お受けするのがよいだろうと考えます。

 

逆にとてもいい話のようだけれど、

あまり良い感じがしなかったり、

タイミングが合わないような時には

お断りした方がいいのだと思います。

 

 

・・・と簡単に言っていますが、

私はすぐにあれこれ考えだしてしまう困り者です。

 

ただあれこれ考えても最後は直観に戻ろうと決めています。

 

 

 

 

今回のお話をいただいたときに

制作があまりできない中、

新しくお取り扱いいただくお店を増やしていいものか悩みました。

 

でもサノさんとはご縁だな、と思ったのです。

 

そしてお願いすることに決めました。

 

 

サノさんに伺ったお店のコンセプトも素敵でした。

 

自然について学び、その恩恵に気づけるような場所にしたい・・と。

 

葉っぱのステンドグラスも自然の恩恵を受けて生まれています。

 

森にちなんだ作品が並ぶ小さなお店に

葉っぱのステンドグラスを加えていただけたことを嬉しく思います。

 

 

 

 

「もりのこと」→ 

 

東京都杉並区西荻北4-9-3
(JR中央総武線西荻窪駅北口から8分)

 

土日open 12:00~19:00

 

(その他月曜や金曜に営業していることもあります。

カレンダーをご確認ください。)

 

 

先日ランプやアクセサリーを納品させていただきました。

ご興味のある方はぜひ足をお運びください。

 

 

 

 

 

 

 

取扱店 comments(0) -
匙屋さん


 

 

このところSNSでの投稿ばかりとなっていましたが、

久々に動きのあるお知らせです。

 

 

このたび新たに

岡山のお店でランプをお取り扱いいただくことになりました。

 

今月末にオープンする「匙屋」さん。

 

木の匙をつくる作家でもあり、

作家作品などを扱うお店でもあった匙屋さん。

 

店舗は2013年夏まで国立にありました。

 

国立から岡山に移住されて

しばらくお店は構えず作家活動をされていたようですが、

このたび満を持して岡山の地で再オープン。

 

 

 

 

2014年1月に

私は国分寺のねじまき雲さんで、

「ヒグラシドリ展」という展示をさせていただきました。

 

展示のあと、

ねじまき雲を通してご縁をいただいたのが

匙屋さんです。

 

あれから3年ほど経ち、

約束通りランプを納品させていただくことができ、

とても嬉しく思っています。

 

 

 

「匙屋」→ *

 

岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3012

 

11月30日open

 

お近くにお住まいの方はぜひ足を運んでみてください。

 

 

 

 

ちなみに・・・

うちの坊は匙屋さんの「はじめての匙」で離乳食を食べています。

 

木の匙ってイイです。

 

赤ちゃんにこういう匙を使わせてもらえることに感謝。

 

毎日毎日愛用しています。

 

坊がもう少し大きくなったら伺いたいなぁ。

 

 

 

↑匙屋さんで扱っていただくランプたち

 

 

 

 

 

 

取扱店 comments(0) -
箱根 ポーラ美術館




さて、すっかり秋めいてまいりまして
紅葉の季節まであと一息です。

私の作品は落ち葉でできていますから
秋のイメージをお持ちの方も多いようです。

まだ新しい落ち葉の収穫前ですけれど、
イメージ上ではすでに旬の季節(笑)





5月に行われたクラフトフェアまつもとで、
ポーラ美術館のミュージアムショップさんより
「秋がきたら作品をおきませんか」とお誘いいただいておりました。


ポーラ美術館は箱根の景観豊かな山の中にある、
ガラス張りが印象的な美術館。

地下1階のミュージアムショップには、
私の好きな作家さんの作品がいくつも並んでいます。

ここに自分の作品が並ぶと思うと
ありがたい気持ちと同時に
なんだか少し不思議な気分になるのでした。


松本のクラフトフェアから半年。

いよいよ秋がやってきて、
先日ようやく納品させていただきました。

今頃あの場所に並んでいるのかな・・




箱根の伝統工芸といえば寄木細工ですけれど、
今回こちらに納品させていただいたドームランプは
その寄木を意識したデザインです。

落ち葉をモザイク状に和紙に貼り付けています。

和紙と落ち葉のコラボは実験的には試していたのですけれど、
きちんとカタチにしたのはこれがはじめて。

この技法の良い点は
細かい細工が可能なことと
無灯のときも葉っぱの色がきれいにみえる点です。

和紙の白さが葉っぱの色を引き立ててくれるように思います。

今後も試みたい技法ですが
ひとまずこのドームランプは箱根限定(笑)





ポーラ美術館のある箱根・仙石原(せんごくばら)は
ススキの草原が有名なところですが、
ちょうど今が見頃のようです。

見に行きたかったなー


そしてポーラ美術館では
現在「モネ展」を展開中です。


 

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村

取扱店 comments(2) trackbacks(0)
「うつわ&カフェ かくしち」

 

「縁」を感じる瞬間ってありますね。

なんかこう、いろんな偶然が重なったりして
これはもう、こっちに行きなさいっていわれてるなぁと思う瞬間。

そうなると
損得だの、いい悪いだの、できるできないだの、
そういった利害感情を挟む余地はありません。

導かれている感に従うに限ります。





東京・東久留米市にあるカフェ「かくしち」さん。

こちらのオーナー夫妻との出会いにも
私はご縁を感じています。

出会いは松本のクラフトフェア。

オーナー夫妻はお店のリニューアルオープンのために
ずっと照明を探していたそうです。

なかなか思うような照明が見つからずにいたところ、
ご夫婦ともに葉っぱのランプをみて
「これだ」と思ってくださったとのこと。

こんなに嬉しいことはありません。


でもそのとき私の中では
まだ「縁」を感じるまでには到っておらず。

ランプをご注文いただくと同時に
委託販売をさせて欲しいとのお話もいただいたのですが、
最初は遠まわしにお断りしていました(笑)

委託先がすでにいくつか決まっており、
仕事もしながらできるかどうか不安があったからなのですが・・・

その後メールのやり取りを通じて
オーナーの静かな熱意だの人柄だのを感じるようになり、
これはありがたい縁だなぁと思うようになり、
少しずつでよければということで
委託販売もさせていただくことになりました。





リニューアルオープンに向けて内装工事中のカフェに、
先日納品に伺いました。

松本ではほとんどお話しする時間がありませんでしたから、
お二人ときちんとお話しするのはこれがはじめてで。

でもとても楽しい時間を過ごさせていただきました。

そしてあらためて
ランプを探しているときのお話をくわしく伺って
これはご縁だなぁと思ったのでした。



興味深かったのは
東久留米の町ですでに10年続くこのカフェは
不思議な偶然が良く起きる場所なんだというお話。

シンクロの起きるカフェ。

ね、行ってみたくなるでしょう?


そういえば。

あとで思い出したのだけれど、
私がかくしちさんとのご縁を意識した決めては
やはりあるシンクロニシティ(不思議な偶然)があったからなのでした。

また今度そのお話をしに行かなくては。

オープンが楽しみです。




「うつわ&カフェ かくしち」

10月10日リニューアルオープン!

西武池袋線「東久留米駅」より徒歩15分

OPEN 11:00-18:00 月曜休

Facebook→
HP→


 

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村

取扱店 comments(0) trackbacks(0)
「Vieill ~Bakerycafe&Gallery~」



以前のブログ記事にも少し書かせていただいた、
東京・江古田にあるパン屋さん「vieill(ヴィエイユ)」。

こちらでも委託販売をさせていただくことになり、
先日小さなランプをたくさん納品いたしました。


納品時、さっそく仮点灯してくださったのですけど
それは嬉しかったですよー

私の自宅には制作したランプはたくさんあっても
一度に点灯する設備がないので、
こういう光景をみるのは初めてで。

 小さなランプがひとつだけある空間もステキなのですけど、
こうしてたくさんある光景もだいぶステキなのでした。

ただやっぱり写真ではその佇まいをお伝えしきれません。
お近くの方はぜひお店に足をお運びくださいませ。

 

Vieill (ヴィエイユ)」
 練馬区旭丘1-56-2 
 03-5996-3485 
OPEN 16:00〜23:00 月・火休


※お盆の営業は変則のようですので、お気をつけください。

8月11日(日)まで 通常営業

  12日(月)臨時営業 12:00〜18:00

  13日(火)臨時営業 12:00〜18:00

  14日(水)臨時営業 12:00〜18:00

  15日(木)〜20日(火) お盆休み

  21日(水)通常営業



葉っぱのステンドグラス、来週少し追加納品の予定です。


 

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村

取扱店 comments(0) trackbacks(0)
「ならの実」

 


すっかりお知らせが遅くなってしまいましたが。。

松本のクラフトフェアでご縁をいただいた、
「ならの実」さんというお店に
zum Beispielの作品を置いていただいております。

ならの実さんは奈良県にある、
作家モノのクラフトを扱うお店。

私はまだ直接足を運べていないのですが、
facebookを拝見しているとステキなお店だろうと想像がつきます。

6月に2号店(ならまち店)をオープンされましたが、
そちらに葉っぱのステンドグラスを置いていただいております。

お近くの方はぜひ足をお運びください。


ならの実」 

ならまち店
〒630-8393 奈良市鶴福院町13
TEL/FAX 0742-23-7557
OPEN 11:00-18:00 月曜休





↑先日納品したモノたち



 

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村

取扱店 comments(2) trackbacks(0)
| 1/1 |